証拠性が薄い

銀行印イメージ

市町村の役所などでは、各書類の申請に認印が必要な場面があります。
しかし、これには「シャチハタ」印が使えないことがほとんどです。

同じように、「銀行印」としても「シャチハタ」は使用不可となっています。
なぜなのでしょうか。

シャチハタ株式会社のホームページには次のような回答が掲載されています。

――シヤチハタネームの使用目的上の制約(ハンコとして認められるか否か)につきましてはそれぞれの機関が定めるところにあり、弊社にて判断致しかねますが、銀行及び行政等で、公文書として使用できない局面はございます。

印字面がゴムであることが理由の1つであると思われます。

また、シヤチハタネームの発売当初(昭和40年代)、なつ印印影の滲みが大きかったことも、使用できない理由の一つと考えられますが、現在はインク並びに印字体の改良により、なつ印印影の長期保存が可能になり、又、ニジミの少ない製品となっております。

尚、製品の取扱説明書並びにカタログには“印鑑証明には使用しないで下さい”との記載を行いご理解をお願いしております。

※一部の企業並びに一部銀行の職場内におかれまして、別注印を重要印としてお使い頂いているケースもございます。』「シャチハタ」印はゴム印の一種です。

ゴムはやわらかく、変形しやすいので、力加減によっては印影が同一のものと判断できない場合もあるかもしれません。
公文書や銀行の届け出印としては証拠性が薄いと見なされているようです。

〔はんこのWEB通販ならココ!〕

一生ものの印鑑をお求めなら【ハンコヤドットコム】がおすすめ。
熟練の職人が丁寧に彫り上げた印鑑を、お求めやすい価格でご提供しております!
個人印鑑のお得なキャンペーンも随時実施中!

ページの先頭へ