仕事の能率もアップ

シャチハタイメージ

職場でも、その利便性から、とても重宝しているのが「シャチハタ」印です。
いちいち朱肉に印面をつける手間が省けるから、仕事の能率もアップ。

見積書や請求書にもスピーディーに判を押していくことができます。
使ったことがない人はいないのかというほどポピュラーになった「シャチハタ」印ですが、この商品の開発には長い苦労があったことをご存知でしょうか。

この、いわゆる「シャチハタ」印が開発されたきっかけは、書類に判子を押すとき、いちいち朱肉につけるのは面倒だから……だったそう。

それなら、印鑑と朱肉が一つになった判子を作れないかと思ったのが、そもそもの始まりだったのだとか。

しかし、そこには越えなければならない壁がありました。
ゴム印が採用されることは決まっていましたが、長期にわたって一定量のインクが印字できるようなゴム印でなければならなかったのです。

それには、ゴム印にスポンジ状の微細な穴を空ける必要があったのですが、それにあったインクを開発することから始めなければなりません。

特にたいへんだったのが印面です。
耐久性のあるゴムが必要だったのですが、ゴム印の部分に、ちょうど良い具合にインクがにじみ出してくる、微細なスポンジ状の穴を空ける方法がどうしても見つかりませんでした。

そして、その方法として発見されたのが、意外にも身近にあった塩でした。
ゴムを製造するときに塩を混ぜ合わせ、印面の形にすると、水溶性の塩だけが水に溶け出し、塩の結晶の形を残して微細な無数の穴が空きます。

こうして、現在の「シャチハタ」印が完成したのです。

〔お役立ちサイトのご紹介〕

印鑑の比較サイト《印鑑ネット》では、お客様からのレビューをもとに売れ筋・商品ラインナップをご紹介!
厳選された、高品質で安心価格の印鑑をお選びいただけます。

ページの先頭へ